本文へスキップ

医療現場から育まれる明るい明日を目指して

セミナーレポートreport

カラクリ図を用いた活きたマニュアルの作り方研修会 レポート


 2011年8月27日の午後に開催された第1回医療版失敗学セミナー「カラクリ図を用いた活きたマニュアルの作り方研修会」は、6月に開催された「入門コース」に続き本年2本目のセミナーとなりました。

 講師には、福島原子力発電所事故調査委員会委員長の畑村洋太郎 東京大学名誉教授が提唱する「失敗学」の門下生である濱口哲也・東京大学大学院特任教授が医療界向けにアレンジし、「医療版失敗学」として、ヒヤリハット、インシデント・アクシデントレポートを有効活用し、未然防止につなげ、リスクと背中合わせの現場を変革し、明るく元気な職場にしたいと迫力のある講義が行われました。

 施設内、特に看護部や病棟には数多くのマニュアルが存在しています。しかし、新入職員の研修教材になっておらず、古くて現状とあっていない、「ブラックボックス」になっていて、単なる作業手順書に過ぎない状況になっています。このような状況を少しでも”活きて使用されるマニュアル“に変換していただきたいと、3時間熱心に講義されました。

 参加者は、都内はもとより新潟県など1都6県から、医師、看護師、リスクマネジャー、医療安全管理者など23名のみなさまが参加されました。6月11日に開催された「入門コース」に出席された方も多く参加され、3時間の講義が短いと思えるほど熱心に聴講されました。


 次回セミナーは、「入門コース」を9月17日に計画しています。
 講義内容は、「医療版失敗学」の概論と基本的考え方を紹介し、なぜ、医療界に「失敗学」が必要なのか? なぜ、ヒヤリハット、インシデント・アクシデントレポートが有効活用されていないのか? このような状態を打破できる研修内容になっていますので、是非、多くのみなさまのご参加をお待ちしております。



■ 編集後記 ■

 医療現場だけでなく、現場でのマニュアル化が「現場力低下」や「考える人の育成」に大きな影響を及ぼしていることを改めて理解できました。
 マニュアルを作れば安心していた我が身を振り返り、早急にマニュアルの見直しをしようと痛感しました。
 未然防止が達成できるマニュアルを整備し、安全で安心な職場環境を実現しましょう。

 次回のセミナーへのご参加を期待しています。

2011年8月27日

元気医療ネットワーク機構

〒116-0013
東京都荒川区西日暮里3-6-9
    ラヴィーナ道灌山2F

TEL 03-3823-9223




おいたっが田舎病院「野尻中央病院」